電子書籍ユーザーの「自炊」って、一体何のことだかわかりますか?自炊のメリット・デメリットなど解説してみました。

知っていますか?電子書籍の「自炊」メリットとデメリット

電子書籍・電子コミック「自炊」のメリットとデメリット

電子書籍の自炊ってなに?

電子書籍を購入して使い方を調べていたら「自炊」というワードが出てきます。「自炊って・・・料理ってこと?」と思って調べてみたら全然違いました。電子書籍の自炊とは、書籍や雑誌を裁断し、イメージスキャナを使ってデジタルデータに変換することを指すネットスラングです。書籍や雑誌を裁断したり分解する罪悪感はあるものの、一度データ化してしまえば、家にある本棚をそのまま持ち歩けるのでとても便利です。

最近では、「スキャン代行」や「自炊代行」と呼ばれる書籍のデータ化を代行する業者まで出てきており、著作権法上問題になってきているようです。

書籍を自炊するメリット

紙媒体の書籍を自炊するメリットとしては、「保管場所をとらない」ということが一番ではないでしょうか。本はあればあっただけ、保管場所に困ります。しかも、捨てたり売ったりしようと思っても、後で読み返したかったり、調べものに必要な本は取っておきたいものですよね。書籍を電子化することで、本棚がすっきりするだけではなく、データをどこへでも持ち運ぶことができ、とても便利です。タブレットやiPadなどに保存しておけば、読みたいときにいつでも読めるだけではなく、検索や分類、文字の拡大や縮小もでき、暗い場所でも使えます。また、紙媒体のように劣化したり破れたりという心配もないので、いつまでも同じように保管しておくことができるのもメリットのひとつです。

書籍を自炊するデメリット

デメリットとしては、裁断機やスキャナーをそろえるのにお金がかかります。どの機器を選ぶかにもよりますが、大体4万円前後は必要です。スキャナーは他のことにも利用できますが、裁断機はなかなか利用するチャンスはないので、もったいなく感じてしまうかもしれません。

また、裁断やスキャンはもちろん自動ではないので、自分自身の手でやる必要があります。10ページ、20ページならまだいいのですが、何百ページとある本を裁断し、スキャンしていくのはかなりの労力と時間を要し、骨が折れます。自分がお金を出して買った本をバラバラにするのは、タブレットに保管することで有効利用できるようになるといっても、正直あまり気持ちのいいものではありません。

また、タブレットやiPadに何百冊という本を電子化して持ち歩きたい場合には、それなりの容量も必要になってくる上に、書籍データを保管しておく端末自体が壊れてしまった場合、そのデータが失われてしまうリスクは常にあります。データのバックアップや、DropboxやSugarsyncなどのクラウドへの保存が定期的に必要になる手間も考えなくてはいけません。

ちょっと待った!「自炊代行」にお願いしても大丈夫?

書籍を電子化するためには自分自身でやる以外にも自炊代行業者にお願いするという方法があります。1冊150円くらいでデータ化してくれるので、ページ数が多い書籍などはやってもらうと便利ですが、実は書籍を自炊代行してもらうと著作権法違反とみなされるケースもあり利用の際には注意が必要です。

著作権法上個人で電子書籍を自炊することは、違法行為にはなりません。自分で購入した本を裁断する行為も問題になることはありません。書籍の自炊行為は著作権法で複製に該当するのですが、同法第30条1項が規定する「私的使用のための複製」の範囲内であれば適法とされています。要するに個人的もしくは、家庭内で利用するだけであれば違法行為にならないということです。しかし、自炊代行業者に依頼すると、著作権者の許諾を得ずに書籍をスキャンしたとみなされてしまいます。依頼した側も共同で違法複製を行ったと見なされる可能性があるので、自炊代行の利用は控えましょう。

こういったことから考えても、自身で書籍の自炊を行うもしくは、許可を取っている電子書籍の配信会社から購入するのが安全です。

まとめ:
  • 自炊のメリットは、保管場所をとらないこと
  • 自炊のメリットは、データをどこへでも持ち運ぶことができること
  • 自炊のデメリットは、裁断機やスキャナーをそろえるのにお金がかかること
  • 自炊のデメリットは、かなりの労力と時間を要
  • 自炊のデメリットは、自炊代行に頼むのは危険なこと
eBookJapan
おすすめ

トランクルーム機能でオフラインでも漫画が読める!新刊から絶版まで取り扱いコミック数がとにかく多いeBookJapan。

honto

一般的な紙媒体の書籍やCD、DVDなどの通信販売もある!幅広いジャンルの電子書籍が配信されているhonto。

電子貸本Renta!

1枚100円のチケットを購入し、枚数により漫画をレンタルか購入するRenta。全ての作品に無料サンプル付!

ページのトップへ